The Importance of Showing My True Self to Others -本当の私をさらけ出して生きる-

Since I was little, I was bad at showing my “true“ self, pretending to be a normal person like most of those who are around me. This is because of some experiences when I was superior to them in some aspects. For example, when I got a higher test score than my classmates, they praised me, saying “We respect you.” “Respect” is generally used to express positive feelings, but I could not take it at a face value. For me, the word often implies people consider me a different kind of person from them. It’s kind of sad because it means I’m in a different place from people, to who I desire to be close. I feel lonely. So as I mentioned before, I behaved as if I were the same type of person as others, who hate studying or other energy-consuming work. But truthfully, I’m always highly motivated towards everything including studying. Back in high school, I could keep myself from so-called distractions such as YouTube and Instagram. ( Actually, such high motivation prevented me even from regarding them as “distractions”. They seemed less attractive than becoming my ideal self.) However, pretending to be a “normal” person didn’t save me at all. Hiding parts of my true self always stressed me out. Nobody embraced all of me since I didn’t expose myself. I was still lonely. So, I chose this blog, “TARUSOPHY” to show my true self to you. I’m still afraid of what you will think about myself after reading this. But I recently realized some people accept parts of myself that I had tried to hide. And hopefully, so you do.

Myself you always see is true. But me here is also parts of my true self. I hope you embrace both of me.

I really appreciate for your reading.

See you soon.


昔から、「すごいね」と言われることが苦手でした。

「すごいね」とか「尊敬する!」とか、一般的には人を褒める時に使われる言葉をかけられることが、どうしても好きになれなかった。

先生とか親とか目上の人から言われることはまだ良いんだけど、自分が仲良くなりたいと思っている同年代の子から言われると、「あなたはすごい、から私たちとは違う」って線引きされているみたいで悲しかった。私はみんなと平等でいたいのに、知らない間に持ち上げられて同じ目線で話せない。このブログはもともと、大学一回の8月から一年間参加してたスクール型インターンの活動の一環として始めたんだけど、その活動のことも学校ではあまり公にしてこなかった。楽しいからやってるだけなのに、「意識高い系の人」ってカテゴライズされて距離置かれるのが嫌だったから。

私は生まれた時から有能で~とかそんなことが言いたいんじゃない。

そもそも昔から苦手なことのほうが多かったけど、なりたい自分になるために努力して、できないことが出来るようになる過程が好きだった。だから多くの人がヘイトする勉強も好きだし。(ラーメン屋の仕事は相変わらずできないけど。今日も餃子のタレぶちまけたし。)

けど私はこの性格のせいでずっと孤独だったし、苦しかった。

「出来る自分」を出して引かれないように、「普通の人」を演じるのに必死だったから

素の自分を出し切れてないから

いつまでたっても私を丸ごと受け入れてくれる人には出会えないし

弱いところも全部さらけ出して接してくれる友達にいつも申し訳なかった

だからこのブログを始めました。

正直まだ周りにどう思われるかが怖くてビクビクしながら書いてるけど

もう中途半端に自分を隠すのは辞めたいです。

それに

家族に引かれてしまうくらいの向上心とか「できるタルミちゃん」を、面白がってくれたり、応援してくれる人が意外といるってことに最近気づきました。長くなってしまうからここでは話さないけど…

みんなが普段見てる私も私だけど、これも私です。どうか愛してくれ…!

これからは、私自身のビジョンであったり、留学に関する情報も発信していけたらと思います。

最初はビビってあまりオープンにできないと思うけど、いずれはこのブログのリンクをインスタのプロフィールに貼れるくらい自分をさらけだせる人間になりたいな。

最後まで読んでくれてありがとう。またね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

Author

Hi, there. I'm a Japanese blogger. I hope my honest writings will give you a brand new perspective:)

Comment

コメント一覧 (1件)

  • Hi Taru!

    Your story is so relatable. My heart feel warm and cozy to read your thoughts. Your reflection on the word “Respect” opened up my eyes to how some friends used to treat me back in High School. That explains a lot about why we were friends, but our relationship wasnt deep. Quite often I felt like you, lonely.

    Sometimes we try to align our behaviour to the society in order to avoid judgments and we ended up forgetting who we really are.

    Thank you so much for your reflections. Please don’t stop writing and sharing a piece of you. I wish you all the success in your life and studies in Canada.

コメントする

目次